英検5級勉強法!塾なしでたった6か月で合格!【小学4年生体験談】

英検 5級 勉強

小学生で英検5級の勉強を始める子ども増えてますよね。

どのように勉強をはじめたらいいのか分からないことも。

わが家でも最初は戸惑いました。

そこで、英検5級の勉強を始めてから、たった6か月で小学4年生の長男が塾に通うことなく合格した勉強法をお伝えします。

勉強時間・かかった費用・テキスト・問題集・アプリなど、すべて公開します!

 

目次

英検5級の勉強をはじめたきっかけ

英検5級の勉強をはじめるきっかけは、人それぞれですよね。

教育熱心なママだと、小学校入学前から英検受験をめざして、幼児の英検受験も話題になったり。

わが家ではある日、小学校から帰宅した長男がこんなことを言いだしました。

長男
ママ、英検って知ってる?

わが家は、教育熱心というわけではなく、中学受験が当たり前という小学校に通っていながら、小学4年生になっても塾通いもしていない・・・

習い事も子どもから何かやりたいと言われたら習わせるという無理強いしないスタイルです。

英検受験は中学生くらいからと思っていたので、小学4年生の長男から「英検」という言葉を聞いたときは、正直言って驚きました!

長男
同級生の〇〇君、英検3級合格したんだって

ぼくも英検受けてみたいんだけど

2020年4月から小学校で英語が必修化されたとはいえ、テストもなく、のんびり構えていたわが家。

小学4年生の長男がやりたいというので、とりあえず応援することに。

いきなり英検3級は難しいので、とりあえず英検5級から勉強を始めることにしました。

 

英検5級の勉強を始める前に親がしたこと

 

英検5級の勉強を応援することに決めましたが、何をしたらよいのか・・・

まずはネット検索!

いろいろなブログを参考にさせて頂きました。

でも、英検1級をとった留学経験のある塾講師、帰国子女で英語塾で学んでいる小学生、さまざまな英語の試験で満点取っているお父さん、アメリカ留学経験のある元英語教師のママなど・・・

どの記事もすばらしい記事だったのですが・・・

中学英語レベルの母、一般的な日本の公立小学校に通う小学4年生の長男、塾通いもしていない・・・

そのまま参考にできる記事がなかったので、自分なりに調査したことをまとめて、それをもとに英検5級の勉強をすることにしました。

市販されている20冊くらいのテキストや問題集、単語帳を、本屋やネットで取り寄せて、一通り目を通したり。

なんせ英語の勉強は20年以上まったくしていませんから・・・

 

英検5級合格までの勉強の道のり

 

小学4年生の長男が同級生から英検の話を聞いてきたのは、夏休み前の7月。

それから、不合格だった1回目の受験が10月。

合格できた2回目の英検5級受験が1月。

合格までの期間は約6か月でした。

 

英検5級の勉強を始めたときの英語力

 

このことを書くかどうか迷ったのですが・・・

もしかしたら、英語ができなくて、悩んでいる小学生のママやパパの参考になればと思い書くことにしました。

英検5級の勉強を始めた7月下旬のころの、小学4年生の長男。

じつはアルファベットすら正確に読めませんでした。

大文字はだいたいは見たことがあるので、なんとなく1文字ずつ確認すると、時間はかかりますが、読むことができました。

ですが、英語の勉強のメインは、小文字。

小文字はほとんど読めていませんでした。

英検5級に合格した今でも、ときどき「b」と「d」を間違えるレベルです(汗)

英検では日本人の名前や地名が出てきますよね。

そんなときに使うのはローマ字。

残念ながら、わが家の小学4年生の長男は、小学3年生で学んだはずのローマ字をほとんど覚えていませんでした。

 

英検5級の勉強開始

 

アルファベットの小文字やローマ字すら覚えていない状態で、英語の塾に通ったところで、きっと理解できませんよね。

それにたいていの塾のカリキュラムは4月から組まれていて、途中から参加しても、小学4年生のわが家の長男が塾での勉強についていける気がしませんでした。

そこで、英検5級受験を応援するために、親が教えることにしました。

7冊の英検5級のテキストを購入し、まず親が予習。

でも目指すところは英検5級合格なので、だいたいのテキストの解説は似通っていますよね。

そこで、小学4年生の長男の勉強では、そのテキストの中から1冊を使い、解説が必要なところを他のテキストから補う形で進めることに。

テキストでの勉強をすすめながら、同時並行で、アルファベットとローマ字を覚えてもらうことにしました。

 

英検5級1回目の受験で落ちた

 

英語の勉強を始めた7月。

ちょうど10月の英検の申込み時期だったので、小学4年生の長男と相談して、英検5級の受験申込をしました。

7月から勉強を始めると、だいたい3か月後。

タイムリミットがはっきり分かると、勉強を途中で投げ出さないで続けられるのではないかと思ったんです。

ほぼ英語力がゼロに近いレベルから、3か月でどこまでできるのか挑戦。

テキスト1冊と小学生向けの問題集1冊をなんとかやり終え、英検対策のアプリで単語の勉強を開始したあたりで受験に。

やはり、3か月では英検5級合格レベルの英語力が身につかず、落ちてしまいました。

でも、収穫がありました。

英検5級に落ちてしまいましたが、試験の流れがつかめたようです。

 

足りないところを補うように勉強

 

英検5級の勉強を開始してから、3か月。

アルファベットの小文字が読めないレベルから、すべてスラスラ読めるレベルに。

ローマ字がほとんど読めないレベルから、何とか読めるレベルに。

ようやく英検5級に出てくる、日本人(TaroやHanakoなど)や日本の地名(TokyoやKyotoなど)が読めるようになりました。

代名詞(I、you、he、sheなど)や現在進行形などの英検5級レベルの文法を一通り勉強。

だいたい理解できていても、問題を解くと間違うことも。

英検5級のテキストと小学生向けの問題集に出ていない単語も、実際の試験では出題されていました。

英検5級ではリーディングテストは25分で25問解かなくてはなりません。

初受験だった長男にとっては、時間が足りなかったようです。

そこで、2回目受験までの3か月は、テキストで文法の確認、英検5級の単語帳に出てくる単語の暗記、実際の試験形式の問題演習をすることにしました。

 

2回目でリベンジ合格

 

1月の試験で英検5級に再チャレンジ。

1回目と違い、小学2年生の長女とパパと3人で受験しました。

3人とも準会場受験で同じ会場。

小学4年生の長男は、2回目の受験までに、かなり頑張ったという実感があったようで、落ち着いて受験できたようです。

2回目の受験でリベンジ合格できました。

合格までの期間は約6か月でした。

 

英検5級に合格したときの成績

 

英検5級の2回目のチャレンジで合格したときの成績です。

 

技能 出題形式 問題数 正解数
 

リーディング

短文の語句空所補充 15問 10問
会話文の文空所補充 5問 3問
日本文付き短文の語句整序 5問 4問
 

リスニング

会話の応答文選択 10問 6問
会話の内容一致選択 5問 4問
イラストの内容一致選択 10問 10問

 

英検5級のリーディングとリスニングは各25問ずつ。

そのうち、小学4年生の長男はリーディングで17問、リスニングで20問正解でした。

英検5級の成績表では、合格者の平均正答数を棒グラフの点の位置で教えてくれます。

点の位置から推測すると、今回の試験では、リーディングは19問、リスニングは22問が合格者の平均正答数のようです。

英検5級の合格基準は英検CSEスコアで419。

合格者の平均正答数には届きませんでしたが、小学4年生の長男は英検CSEスコアは487点を獲得

もう一つの指標として成績表には、英検バンドという合格までの距離を表したものがあります。

子どもたちと一緒に受験したパパは50問中50問正解して、英検CSEスコアは850点。

満点で英検バンドは「G5+17」。

小学4年生の長男は英検CSEスコア487点で「G5+3」でした。

この結果から、英検合格のためには、英検CSEスコアで850点中419点、約49パーセント獲得すればいいのですが、実際には、50問中35問前後の正答数が必要なのではないかと思われます。

英検5級合格のためは、正答率で約70パーセントくらいを目指せばいいようです。

 

英検5級の勉強時間

 

わが家の小学4年生の長男は、英検5級に合格するまでの学習期間は約6か月かかりました。

1回目の受験までは約30分ずつ、月曜日から金曜日まで週5日間勉強して、約13週間で、約33時間。

1回目の受験後2回目の受験までは、約40分~60分、月曜日から土曜日まで週6日勉強して、約12週間で約60時間。

英検5級合格まで約93時間勉強したことになります。

次に、合格までの勉強内容を時系列でお伝えします。

 

英検5級の勉強を始めてから1か月くらい

 

わが家は子どもの自主性にまかせていたので、英検5級の勉強を始めるまで、家庭での英語学習はまったくしてませんでした。

そこで、始めはは英語のテキストを月曜日から金曜日まで1日15分一緒に読むところからスタートしました。

それと同時に、ほとんど覚えていなかったアルファベットの小文字とローマ字の勉強をしてもらいました。

ただ一覧をながめていても覚えられそうになかったので、1か月くらいはノートに繰り返し書いてもらいました。

小学4年生の長男の集中力が続かなかったので、学童からの帰宅後に1日約30分ずつ、少しずつ進めました。

 

1か月経過後2か月くらいまで

 

英検5級の勉強を始めて約1か月。

この頃も、月曜日から金曜日まで約30分くらい英検5級の勉強

最初は、何が書いてあるのか全く分からなかった小学4年生の長男。

小文字が読めるようになって、ようやく単語や文が小文字で書かれていることを理解できたようです。

テキストに書いてある文章の中の単語を少しずつ覚え始めました。

まだまだ自力でテキストを読めるレベルに到達してなかったので、親が一緒に読みました。

10回以上も同じ説明をしなければならないことも多く、勉強につき合うのがたいへんでした。

だいたい、英検のテキストを最後まで読み終わりました。

このころ、英検に特化したアプリを購入しましたが、問題を解けるレベルには到達していなかったので、少しずつ単語の勉強に利用し始めました。

 

2か月くらいから英検5級1回目受験まで

 

この頃の勉強時間も、1日約30分

英検5級のテキストを最後まで読み終わったので、小学生向けの問題集を勉強しました。

でも実際には、テキストを読み終わったからといって、問題がスラスラ解けるというわけではなく、1問1問、解いては親と一緒に答え合わせをすることのくり返し。

それに1回解いたくらいで、初めて勉強する外国語の問題をスラスラ解けるようになるはずもありません。

英検5級の受験までに、テキストと問題集1冊をなんとかやり終えられたという感じです。

小学4年生の長男のテキストと問題集の理解度は約5~6割というところでした。

1回目受験は、やはり落ちてしまいました。

 

1回目不合格から2回目受験まで

 

英検5級の勉強を始めてから約3か月での1回目の受験では不合格。

そこで、ここまでの学習で不足している内容を補強しながら勉強を続けることにしました。

だいたい月曜日から土曜日まで、週6日、1日40分くらいを目安に勉強して、少し長い日で約1時間くらいの勉強時間でした。

①文法の理解

小学4年生の長男は、英検5級の1回目の受験の段階で、テキストの理解度は約5~6割程度。

そこで、文法をしっかり身につけるために、テキストを毎日少しずつ読み込むことに。

最終的には、約半年で7回ほどテキストを読みました

②単語の勉強

テキストと小学生向けの問題集だけでは、英検5級合格レベルの単語数には足りないことが分かっていたので、単語帳をくり返すことにしました。

最初は、本の単語帳を使っていたのですが、発音の確認など手間取ったので、2か月目の勉強の頃から、英検専用のアプリで勉強することにしました。

でも残念ながら、1回目の受験までは、テキストの復習をメインにしていたので、単語の勉強にそれほど時間をかけられませんでした。

そこで、1回目の受験後は単語の勉強も1日10分を目途に、コツコツ続けることにしました。

③本番形式の問題演習

英検1回目の受験で、時間内に問題をすべてこなすことが難しいことがわかりました。

そこで、本番形式の問題演習を増やし、時間内に一通り問題をこなせるようにトレーニングすることにしました。

テキストと小学生向けの問題集には、巻末に予想問題の形で本番形式の問題があったのですが、2回分だけだと足りないのではないかと思い、問題集を2冊追加

はじめは本の問題集をやっていたのですが、まるつけや、リスニング用のCDの再生が手間だったので、最終的には英検専用のアプリでやりました。

2回目の受験までに3回通しでやりました。

2回目の英検5級受験の段階で、だいたい8割くらいの正答率まで到達できました。

その結果、約6か月の勉強で、2回目の受験で英検合格することができました。

 

英検5級の勉強でかかった費用

 

実際には、20冊程度のテキスト、問題集、単語帳を購入して英検5級の勉強方法の検討したのですが・・・

今回は、実際に小学4年生の長男が使ったものだけで、費用計算しておきます。

 

①テキスト

テキストは1冊をメインに使用。

テキスト代は1210円。

 

②単語帳

単語帳は1冊使用。

単語帳代は1045円。

 

③問題集

問題集は小学生用の問題集と、本番形式の問題集2冊。

合わせて3630円。

 

④英検専門アプリ

1年間使い放題で7700円。

 

小学4年生の長男は塾に通わず英検5級に合格しました。

かかった費用は、お伝えした教材費だけで1万3585円でした。

もし、英検専用アプリを使わなければ、もっと費用は安くすみ、5885円で済む計算です。

 

英検5級の勉強で使ったテキスト

 

【CD付】英検5級総合対策教本 改訂版 (旺文社)


書店でよく見かける定番のテキストですよね。

『英検5級総合対策教本(旺文社)』の良いところは、英検5級の問題に対応した文法や会話表現を一通り勉強できるところです。

テキストを一通り勉強すると、英検5級で勉強する内容がだいたいつかめます。

ただ、一度勉強したことがある人が読むと、コンパクトにまとまっていて、短時間で勉強できて良いのですが、初めて英語を勉強する人が読むと、解説が簡潔すぎて、行間を読む必要があります。

そこで、子どもに教えるときは、簡潔な解説を補って教えてあげると、より子どもが理解しやすくなるのではないかと思います。

 

英検5級の勉強で使った単語帳

 

英検5級 でる順パス単 (旺文社)

書店でよく見かける定番の単語帳です。

英検5級でよく使われる単語・熟語・会話表現など約600語が収録されています

なぜこの単語帳を選んだのかというと、収録されている単語などの数が一番少なかったから。

小学4年生の長男は、英検5級の勉強を始めたころには、アルファベットの小文字やローマ字が読めないレベルでした。

単語数が多いと覚えきれないのではないかと思い、一番収録単語数が少ない単語帳を選びました。

単語数が少ないと、何度もくり返し勉強ができるので、暗記には有利です。

ただ、やはり収録単語数が少ないことのデメリットもあります。

英検5級の試験のときに、単語帳に出ていない単語が出題されてしまうことです。

実際に合格した2回目の試験後、小学4年生の長男から、「単語帳にのっていない単語が2つ問題にあった」と言われました。

そこで、見たことのない単語が出題されないように、収録単語数の多い単語帳を選ぶのも1つの方法です。

英検5級向けの単語帳は、どれを選んでも、しっかり勉強すれば英検5級合格レベルに達することができるので、勉強する子どものレベルや目的に応じて選べばよいと思います。

 

英検5級の勉強で使った問題集

 

小学4年生の長男は英検5級に合格するまでに、問題集を3冊勉強しました。

 

【CD付き】小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル 改訂増補版 (旺文社)

最初にテキストと一緒に勉強した問題集です。

章ごとに最初に解説が書いてあり、テキストで勉強したことの復習になります。

CDもついているので、リスニングテスト対策もできます。

小学生が最初に問題になれるために勉強するのにおすすめです。

 

7日間完成 英検5級 予想問題ドリル (旺文社)

テキストと小学生向けの問題集を終えてから、本番のテスト形式で勉強をしたいと思い購入。

CDがついているので、リスニングテストの対策もできます。

純粋な問題集なので、英検5級のテキストを理解した上で取り組むと、効果的です。

問題集通りのスケジュールで進めることができれば7日間で終えることができます。

わが家の小学4年生の長男にとっては1日分の分量が多かったのか、スケジュール通りに進めることができず、1回目は2週間かかりました。

間違ったところの復習をくりかえしやりました。

くり返すことで、問題を解くコツがわかったようです。

 

英検5級 過去6回全問題集(旺文社)


英検5級の2回目の受験前1か月くらいから取り組みました。

本番の試験の過去問なので、一番本番に近い形で勉強できる問題集です。

CDがついているのでリスニング対策もできます。

わが家の小学4年生の長男は、1度目は合格点に届かないレベルでした。

それでも、試験まで何度かくり返すうちに、少しずつ点数が上がっていき、2回目の受験で英検5級合格できました。

 

英検5級の勉強で使ったおすすめのアプリ

 

わが家では、英検の勉強を始めて2か月目くらいから英検ネットドリルを利用しました。

英検ネットドリルでは、旺文社の単語帳と2冊の問題集の勉強ができます。

 

・英検5級 でる順パス単 (旺文社)

・7日間完成 英検5級 予想問題ドリル (旺文社)

・英検5級 過去6回全問題集(旺文社)

 

英検5級の単語の勉強

単語帳の勉強をしていると、どうしても発音が分からないことがありますよね。

そんなとき、いちいち発音を調べるのがめんどうになって、英検ネットドリルを購入しました。

英検ネットドリルだと、分からない単語の発音をすぐに確認できるので、時間短縮になりました。

慣れてくると、小学4年生の長男1人で勉強できるようになったので、親の負担がだいぶ減りました。

 

7日間完成 英検5級予想問題ドリル

英検ネットドリルと問題集が全く同じ問題でした。

1回目は問題集で小学4年生の長男と確認しながら解きました。

そして、2回目以降は、CDの再生や丸つけを自動でやってくれる英検ネットドリルで繰り返しました。

2回目以降は、小学4年生の長男が英検ネットドリルで1人で勉強できるようになったので、親の負担は大幅軽減されました。

 

英検5級 過去6回全問題集

1回目は問題集で小学4年生の長男と確認しながらやりました。

2回目以降は、英検ネットドリルでやりました。

わが家では問題集は2020年度版だったのですが、英検ネットドリルは2019年度版だったようで、問題集と英検ネットドリルで問題が3回分違っていました。

やはりアプリだと、問題集と開発時期の時差があるようです。

そこで、英検ネットドリルを初めてやるときに、1回は一緒に子どもと解きました。

2回目以降は、子どもに1人で勉強してもらえたので、親の負担は軽くなりました。

 

英検ネットドリルはあくまで、単語帳と問題集のかわりになるアプリです。

そこで、文法や会話表現などをテキストできちんと勉強してから、使用しないと、期待していたような効果が得られないと思われます。

短時間で単語帳や問題集をくりかえし勉強したいときに使うと効果的です。




英検5級勉強法!塾なしでたった6か月で合格!【小学4年生体験談】まとめ

 

アルファベットの小文字すら、きちんと読めなかったわが家の小学4年生の長男。

1回の挫折を経て、2回目でリベンジ。

約6か月間でコツコツ勉強して英検5級に合格できました。

その間、週5日~6日、30分~60分くらい、合計の勉強時間は約93時間かかりました。

その間、親がつき合ったので、相当きつかったです。

親がつき合えないときは、塾や家庭教師などを考えてもいいかもしれません。

 

まだ小学4年生なので、途中で勉強から逃げ出そうとしたこともあったので(笑)・・・

あきらめずにコツコツ続けられるようにサポートするのも大切かなと思います。

 

英検5級は、コツコツ勉強を続ければ小学生でも合格できるレベルの試験です。

子どものレベルに合ったテキスト、問題集、単語帳を選んで、くり返し勉強できるようにサポートしてあげるのが大切です。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

英検5級を受験される方の合格を心よりお祈り申し上げます。

あわせて読みたい
小学生おすすめオンライン英会話11選!無料体験が充実 小学生に人気の習い事オンライン英会話。 どこを選んだらいいのか迷いますよね。 そこで無料体験が充実していて小学生におすすめのオンライン英会話11選をお伝えしま...
あわせて読みたい
英語学習に役立つおすすめ学習漫画26冊 英語の学習漫画は、小学生の子どもにとってはとてもなじみやすいですよね。 学習漫画だと、英語初心者の子どもでも手に取って勉強してくれそうですよね。 そこで、学習...
あわせて読みたい
英検5級 テキスト・問題集・単語帳おすすめ【17選】 英検5級の勉強を始めようと思い始めたら、 「どんなテキストがあるの?」 「どんな問題集があるの?」 「覚えやすい単語帳あればいいけど・・・」 いろいろな疑問がわ...
目次
閉じる