【小学生】英検5級で必要な単語とおすすめ単語帳

英検5級 単語 単語帳

英検5級は、英語を学習する多くの小学生が最初に受ける英語の試験です。

小学生で英検5級合格をめざすために単語学習は必須。

単語が分からないがために、英検5級の問題が解けないことも。

そこで、小学生が英語塾に通わなくても自宅学習で合格するための、英検5級で必要な単語とおすすめの単語帳を徹底解説します。

こまち
初めて英検5級のテキストを小学生の長男と読んだときは、1語1語教えないといけなくて、たいへんだったわ
パパ
英検5級は問題文の単語数が少ないから、単語を知らないだけで問題が解けなくなるんだよね
こまち
英検5級で単語の勉強は必須ね

 

この記事から分かること
  • 小学生で英検5級合格をめざす親目線からの単語の勉強法・教え方
  • 必要な単語数や使える単語帳の紹介
  • 合格を目指すための勉強方法とその考え方
目次

英検5級は小学生でも目指せるレベル

英検5級のレベルは、中学初級程度。

“英語を習い始めた方の最初の目標。

家族のこと、趣味やスポーツなど身近な話題が出題されます。

英語の基礎固めに最適です。“(公益財団法人 日本英語検定協会ホームページより)

 

英検5級のテキストを見ればわかるのですが、難しい単語はほとんど出ていません。

基本的な単語力と文法を身につけ、それを用いた簡単な聞き取りや会話ができることが目安となります。

英検5級は小学生でも適切な勉強法で取り組むことで、合格をめざせるレベルです。

英検5級合格に必要な単語は、日常会話で使う基本的な単語が中心となります。

 

英検5級で必要な単語数は600語

英検5級の単語レベルは600〜650語程度です。中学校1年生までに習う初級レベルの単語がメインです。

場面や題材も、日常生活に密着した内容で、英検5級合格に必要なのは基本的な単語です。

主な場面・題材
場面・状況 家庭、学校、地域(各種店舗・公共施設を含む)、電話など
話題 家族、友達、学校、趣味、旅行、買い物、スポーツ、映画、音楽、食事、天気、道案内、自己紹介、休日の予定、近況報告など

出典:公益財団法人日本英語検定協会|5級の試験内容

 

英検5級で単語の勉強は必須

実際に英検公式HPで公開されている過去問を使いながら、単語問題を確認してみましょう。

My friend lives in Brazil. It’s a nice ( ).

1 drum  2 page  3 country  4 chalk

出典:公益財団法人日本英語検定協会|2020年第1回試験5級

英検5級では単語が4つ並び、穴埋めをする単語を選ぶ問題が出題されます。

単語を知らなければ、正確に穴埋めすることは難しいものです。

英単語の穴埋め問題は、単語を知っているかどうかが最重要です。

例えば、1 drumを知らなくても、pageやchalkを知っていれば選択肢から削除することができます。

単語力が高ければ高いほど、正しい答えを容易に選ぶことができるようになります。

英検5級のリーディング試験は25分で25問。

1問1分の短時間で解答する必要があります。

単語を知っていることで、短時間で正解を導き出せるようになります。

英検5級は単語と熟語の勉強が必要

英検5級で単語と同様に熟語の勉強も必要です。

市販の単語帳を見ると分かるのですが、50~60単語程度の基本的な熟語がのっています。

実際に英検公式HPで公開されている過去問を使いながら、熟語問題を確認してみましょう。

A : Let’s ( ) shopping at the department store, Tina.

B : OK.

1 have  2 go  3 walk  4 speak

出典:公益財団法人日本英語検定協会|2019年第2回試験5級

 

A:デパートに買い物に行きましょう、ティナさん。

B:オーケー。

という会話文がありますね。

この問題は、動詞を選ぶ問題です。

選択肢だけ見ると、どれが答えなのかぱっとわからないかもしれません。

答えは2 goです。

「go  shopping」という熟語になることで、「買い物に行く」という意味になります。

単語の勉強をするときは、単語一つの意味だけでなく、熟語の勉強も必要です。

英検5級おすすめの単語勉強法

英検5級の単語力をしっかりと身に着けるためにおすすめの勉強法をご紹介します。

英検5級の単語の覚え方

英検5級の単語の覚え方でぜひおすすめしたいのは、くり返し勉強法です。

記憶が定着するまでは、覚えるまで何度でも繰り返すことが効果的です。

今回ご紹介する方法は、これからの長い英語学習でオーソドックスな勉強法です。

ぜひ参考にしてくださいね。

単語帳を最低3回はくり返す

小学生が英検5級の英単語を覚えるために、まず英検専用の単語帳を手に入れましょう。

小学校で使っている教科書では単語数が足りません。

英検5級専用の単語帳がおすすめです。

小学生は英語初心者が多いので、最低3回は最初から最後までくり返します。

その後、覚え具合によって、できなかったものだけに絞ってくり返したり効率的に勉強します。

最終的には英検5級の単語帳のほとんどすべての単語を試験前には覚えておけるのが理想的です。

小学生の子どもの理解度に応じて、親が工夫してスケジュール管理します。

わが家にも小学生の子どもがいますが、長男は10回程度で覚えましたが、長女は15回やっても8割程度しか覚えていませんでした。

子どもによって覚えられるはやさが違うので、子どもに合わせてあげるのが重要なポイントになります。

 

英検5級で求められる基本的な単語力

英検5級で必要な単語は基本的なものです。

たとえば、以下のような基本的な単語です。

基本的な名詞(student, food等)

一般動詞の現在形(am, go等)

形容詞(angry, good等)

疑問詞(how, which等)

前置詞(in, by等)

格(I-my-me-mine等)

副詞(often, usually等)

英検5級の単語(副詞)

英検5級で勉強する基本的な副詞をあげます。

very(とても)

early(早く)

fast(速く)

well(上手に)

often(しばしば)

again(ふたたび)

always(いつも)

sometime(いつか)

sometimes(時々)

carefully(注意深く)

really(とても)

usually(通常は)

here(ここに、ここへ)

there(そこに、そこへ)

too(~すぎる)

home(ホーム)

at school(学校で)

英検5級の単語(形容詞)

英検5級で勉強する基本的な形容詞をあげます。

old(年を取っている)

young(若い)

clean(清潔な)

cold(冷たい、寒い)

hot(熱い、暑い)

difficult(難しい)

easy(簡単な)

famous(有名な)

exciting(わくわくする)

expensive(ねだんが高い)

cheap(安い)

favorite(好きな)

free(ただ、自由な)

full(一杯な)

hungry(おなかがすいている)

funny(おかしい)

fun(楽しい)

happy(幸せ)

sad(悲しい)

hard(一生懸命に、きびしい)

heavy(重い)

light(軽い)

tall(高い)

short(低い、短い)

long(長い)

famous(有名な)

popular(人気のある)

quiet(静かな)

noisy(うるさい)

right(正しい)

wrong(間違っている)

sleepy(眠い)

tired(疲れている)

good(良い)

bad(悪い)

great(素晴らしい)

wonderful(素晴らしい)

beautiful(美しい)

interesting(興味深い)

英検5級の単語(動詞)

英検5級で勉強する基本的な動詞をあげます。

like(好き)

play(遊ぶ)

eat(食べる)

drink(飲む)

have(持つ)

cook(料理する)

sleep(眠る)

get(得る)

watch(テレビや映画を見る)

see(見る、会う)

want(欲しい)

want to(~したい)

wash(洗う)

speak(話す)

sit down(座る)

stand up(立つ)

write(書く)

make(作る)

teach(教える)

study(勉強する)

meet(会う)

enjoy(楽しむ)

help(助ける)

stop(止める)

start(始める)

cut(切る)

run(走る)

walk(歩く)

buy(買う)

sell(売る)

know(知っている)

sing(歌う)

read(読む)

come(来る)

open(開ける)

close(閉める)

work(働く)

use(使う)

swim(泳ぐ)

do one’s homework(宿題をする)

wake up(起きる)

listen to (~を聞く)

live in (~に住む)

look at (見る)

clean up(掃除する)

go to bed(就寝する)

go _ing(~しに行く)

get to (~に到着する)

get up(起きる)

英検5級の単語(疑問詞)

英検5級ばかりではなく、英語学習で必須の疑問詞です。

5W1Hと呼ばれます。

what(何)

when(いつ)

where(どこ)

who(誰)

which(どっちの)

whose(誰のもの)

how(どうやって)

how much(いくら)

how many(いくつ)

what time(何時)

英検5級の単語(前置詞)

英検5級で勉強する基本的な前置詞です。

at

in

by

on

before(~の前に)

after(~の後に)

from(~から)

about(~について、約~)

between A to B(AとBの間)

for(~のために、~へ、~の期間)

英検5級の単語(代名詞)

英検5級ばかりではなく、英語学習で必須の代名詞です。

I-my-me-mine(私は、私の、私に、私のもの)

you-your-you-yours(あなたは、あなたの、あなたに、あなたのもの)

he-his-him-his(彼は、彼の、彼に、彼のもの)

she-her-her-hers(彼女は、彼女の、彼女に、彼女のもの)

it-its-it-its(それは、それの、それに、それのもの)

we-our-us-ours(私たちは、私たちの、私たちに、私たちのもの)

they-their-them-theirs(彼らは、彼らの、彼らに、彼らのもの)

 

英検5級英単語帳おすすめランキングベスト3

小学生が英検5級を合格するために必要な単語・熟語の数はおよそ600語。

テキストの巻末のついている単語帳では不足していることも。

そこで、小学生が英検5級合格に必要な単語帳を3つ紹介します。

英検5級 でる順パス単 (旺文社英検書)

定番の英検5級の単語帳です。

英検5級を合格するために必要な単語・熟語の数はおよそ600語が収録されています。

単語の発音は専用アプリで確認できます。

小学生向けではありませんが、英検5級で必要な単語・熟語の目安がわかるので、おすすめです。

 

【アプリ対応】英検5級英単語650英検ランク順(学研英検シリーズ)

定番の英検5級の単語帳です。

カラフルで小学生の子どもにも親しみやすいです。

単語の発音は専用アプリでクイズ形式で確認できます。

覚えたかどうかをクイズで確認できるので、小学生の子どもでも親しみやすいです。

外出中のすきま時間に、クイズ形式で勉強できるのでおすすめです。

 

【CDつき】英検5級 絵で覚える単熟語(旺文社英検書)

小学生向けの英検5級の単語帳です。

イラストに単語を組合わせて、ビジュアルで単語を理解できます。

CDがついており、発音の確認もできます。

約280語しか単語の掲載がないので、英検5級合格にはやや足りない印象です。

小学生の英検5級の単語学習の入門書として活用できます。

あわせて読みたい
英検5級 テキスト・問題集・単語帳おすすめ【17選】 英検5級の勉強を始めようと思い始めたら、 「どんなテキストがあるの?」 「どんな問題集があるの?」 「覚えやすい単語帳あればいいけど・・・」 いろいろな疑問がわ...

小学生の英検5級は単語学習が重要

英語初心者の小学生は単語すらわからないので、テキストを一人で読むことができません。

そこで、小学生の英検5級の勉強では、単語学習が重要となります。

おとなでも単語を覚えるのは、けっこう苦痛ですよね。

小学生の子どもも一緒です。

親が子どもと一緒に、どうやったら楽しみながら覚えられるか、勉強法や教え方の工夫をしながら学習を進めましょう。

わが家の小学生たちは、英検5級の単語を単語帳で覚えたにもかかわらず、問題を解くときには、うまく覚えたことを活用できませんでした。

覚えた単語を実践形式の問題と結びつけられるように、ふだんからくりかえし教える必要があります。

小学生のための英検5級仕上げの勉強法

英検5級の仕上げは試験1か月くらい前から始めましょう。

小学生が英検5級を合格するためには、親の協力が必要です。

1番重要なのは、過去問を解いてみること。

過去問をやることで、実践形式の対策も可能になります。

英検に限らず全てのテストにいえることですが、過去問をやることが攻略への一番の近道です。

本番のテスト形式やレベルに慣れることで、本番に合わせた準備をする事ができ、合格に近づけます。

親が時間をはかり、丸つけや、マークの仕方などを教えてあげます。

くり返し練習することで、本番へ向けた自信につながります。

 

本気で小学生で英検5級合格を狙う人におすすめの英検アプリ「英検ネットドリル」

本気で小学生で英検5級合格を狙っている人に私がおすすめしたいのが旺文社の英検教材のデジタル版である「英検ネットドリル」です。

わが家の小学4年生の長男は、「英検ネットドリル」で勉強して、たった6か月で英検5級に合格できました!

小学生で英検5級合格をめざすために必要な、単語の繰り返し勉強や問題演習、過去問がすべて「英検ネットドリル」でできます。

親は最初にテキストを一緒に勉強したり、テキストの文法について教えたりする必要はありますが、「英検ネットドリル」で本格的な試験対策ができるので、親の負担が大幅に減ります。

英検ネットドリルでは、旺文社の単語帳と2冊の問題集の勉強ができます。

 

・英検5級 でる順パス単 (旺文社)

・7日間完成 英検5級 予想問題ドリル (旺文社)

・英検5級 過去6回全問題集(旺文社)

 

実際に自腹を切ってレビュー記事を書きました、気になる方はぜひ記事を読んでからご検討ください。

あわせて読みたい
英検ネットドリル評判は?口コミは?旺文社問題集を使った英検アプリ!【体験談】 小学生の子どもが英検を受験したいというので、ネットの口コミで評判がいい英検教材を探していて見つけたのが、この英検ネットドリルという教材です。 旺文社の英検対策...

たった6か月で英検5級に合格した体験談

あわせて読みたい
英検5級勉強法!塾なしでたった6か月で合格!【小学4年生体験談】 小学生で英検5級の勉強を始める子ども増えてますよね。 どのように勉強をはじめたらいいのか分からないことも。 わが家でも最初は戸惑いました。 そこで、英検5級の勉...

英検ネットドリルのメリット

  • 単語は「でる順パス単シリーズ」で音声学習ができ覚えるまで勉強できる
  • トレーニング問題機能で効率よく試験対策ができる
  • 弱点チェック機能で弱点をくりかえし克服できる
  • バーチャル試験官機能で二次試験対策も可能
  • 辞書機能でいつでもどこでもワンクリックで単語の意味を確認可能
  • 過去問対策ができる
  • 苦手な問題を繰り返しできる
  • 1年間じっくり取り組めるので自分のペースで頑張れる

やってみると、とにかく使いやすい!と思うはず。

それに「弱点チェック」でやり直しができるので、小学生の子どもでも、本当に苦手がなくなっていくのが分かります

 

まず英検ネットドリルって無料体験ができるんですよ。

 

たしか無料体験でできるのはほんの一部の機能だけで、たったの10問程度。

本当にちょっとだけなのですが、わが家の小学生たちはゲーム感覚でおもしろかったみたい。

ママと一緒に問題をとくより、「英検ネットドリル」のほうが面白いというので、申込みました。

無料体験はここから出来ます↓



【小学生】英検5級で必要な単語とおすすめ単語帳まとめ

英検5級 単語 単語帳

英単語の暗記は親も経験済みで、簡単ではなかったはず。

くり返しやることが基本です。

小学生の子どもに英検5級の単語を勉強してもらうときも、飽きないように親の工夫が必要になってきます。

小学生の子どもが英検5級に合格するためには、親の教え方や協力が必須です。

語学の習得には、個人差があります。

あせらずじっくり取り組むことで、小学生でも英検5級に合格できます。

紹介した単語の勉強法を参考に、ぜひ英検5級合格を勝ち取ってください!

小学生のお子様が英検5級合格できることを心より祈っています!

あわせて読みたい
小学生おすすめオンライン英会話11選!無料体験が充実 小学生に人気の習い事オンライン英会話。 どこを選んだらいいのか迷いますよね。 そこで無料体験が充実していて小学生におすすめのオンライン英会話11選をお伝えしま...
あわせて読みたい
英検ネットドリル評判は?口コミは?旺文社問題集を使った英検アプリ!【体験談】 小学生の子どもが英検を受験したいというので、ネットの口コミで評判がいい英検教材を探していて見つけたのが、この英検ネットドリルという教材です。 旺文社の英検対策...
あわせて読みたい
英語学習に役立つおすすめ学習漫画27冊 英語の学習漫画は、小学生の子どもにとってはとてもなじみやすいですよね。 学習漫画だと、英語初心者の子どもでも手に取って勉強してくれそうですよね。 そこで、学習...
あわせて読みたい
英検5級スピーキングテストおすすめ練習方法は?過去問はあるの?【小学生】 小学生の子どもが英検5級の受験をするので、試験内容を調べていると、スピーキングテストとあり・・・??? 「英検5級のスピーキングテストってどんな試験?」 「ス...
あわせて読みたい
英検5級リスニング対策おすすめの勉強法 小学生の子どもが英検5級の受験をするので、試験内容を調べていると、リスニングとあり・・・??? 「英検5級のリスニングってどんな試験?」 「英検5級のリスニン...

 

目次